第9惑星ビニル

見た映画の感想を書き綴ります。

この映画宣伝がすごい!2019(前編)

こんにちは、ビニールタッキーです。

f:id:sexualrocker:20200213234722p:plain

「名探偵ピカチュウ」声の主は西島秀俊「とにかく必死でやった」 : 映画ニュース - 映画.com

ピカチュウ〜(西島秀俊ボイス)

 

今年もやって参りました「この映画宣伝がすごい!2019」!

f:id:sexualrocker:20200218234137j:plain

アンジャ渡部、相方・児嶋に生まれ変わりたい!?「本名叫んで家建てたの、この人だけ」 : 映画ニュース - 映画.com

目指せナンバーワン!!!

 

そもそも「この映画宣伝がすごい」とは…まずはこれまでの記事をご覧ください。


 
 

海外の映画が日本国内で公開される際に行われる「お笑い芸人によるPRイベント」「旬のタレントをゲストに迎えてのPRイベント」「トンチキな出演俳優来日イベント」「不思議な企業コラボ」「タレント吹き替え」「日本版オリジナル主題歌」等の宣伝群を「おもしろ映画宣伝」と勝手に名付けて勝手に褒めたり表彰したりする催しです。今年でなんと5回目となりました!いつまで続けるんだこんなこと! 

f:id:sexualrocker:20200216221216j:plain

ガリットチュウ福島、顔が真っ青!「X-MEN」イベントで大暴れ : 映画ニュース - 映画.com

※おもしろ映画宣伝の例

 

昨年に引き続き今年2月に映画宣伝について語るトークイベントを下北沢の本屋B&Bにて開催しました。そのイベント内で「この映画宣伝がすごい!2019」ベストテンを発表しました。

イベントは前回ゲストの杉山すぴ豊さんに加えて映画配給や興行にも精通するライターの稲田豊史さんも加わりとても楽しい会になりました。個人的にはこのトリオ編成でのトークが弾みに弾んだので「様式が完成した!」と感じました。当日の様子はトゥギャッターにまとめましたのでご覧ください(もしかしたらイベントレポも書くかもしれません)。

この記事では上記イベント内で発表したベストテンに、さらに紹介しきれなかった案件や追加情報も存分に盛り込んでドカーンと発表していきたいと思います!それでは行ってみよう!

 

まずは2019年の映画宣伝を眺めていて感じた傾向について。

ハリウッドスター来日ラッシュ

2019年はとにかく来日が多かった!特にスター俳優主演のビッグバジェット映画が多かったせいか有名俳優が多く来日してくれました。

f:id:sexualrocker:20200216222547j:plain

タランティーノ、来日会見でレア邦画のDVDおねだり! レオは“故郷”ハリウッドへの思い語る : 映画ニュース - 映画.com

f:id:sexualrocker:20200216222726j:plain

ブラピ来日会見、「アド・アストラ」は「オデュッセイアのような自己発見の旅」(写真13枚) - 映画ナタリー

f:id:sexualrocker:20200216222920j:plain

アンジェリーナ・ジョリー来日に1100人熱狂「すべての人の中にマレフィセントがいる」(写真15枚) - 映画ナタリー

写真の並びに深い意味はありません。しかしこの3件が同じ年にあったのは本当にすごいと思います。

 

個人的に印象に残った来日をいくつかご紹介します。

f:id:sexualrocker:20200216223539p:plain

前澤友作氏が「月へ行く最初の映画監督になりませんか?」と『ファースト・マン』デイミアン・チャゼル監督を誘う!?特別対談映像が公開! - シネフィル - 映画とカルチャーWebマガジン

ファースト・マン』と月周回を計画する前澤さんのコラボ。正直このニュースを見たときは「なぜ俺はこのコラボを予想できなかった!」と悶絶しました。

 

f:id:sexualrocker:20200216223939p:plain

「ダンボ」ティム・バートンとコリン・ファレル来日、西島秀俊はテンションに驚き(写真25枚) - 映画ナタリー

実写版『ダンボ』の来日イベント。ティム・バートン監督とコリン・ファレルがとにかく自由に動き回っています。

f:id:sexualrocker:20200218224435j:plain

イベント中にひそひそ話をするコリン・ファレル西島秀俊きのう何食べた?なんて言ってたりして…

 

f:id:sexualrocker:20200216225028j:plain

ウィル・スミス×山寺宏一!日米ジーニーがコラボ - シネマトゥデイ

f:id:sexualrocker:20200216225408j:plain

ウィル・スミス、今年2回目の来日でも熱烈ファンサービス! - シネマトゥデイ

ウィル・スミスは2019年に『アラジン』と『ジェミニマン 』で2回来日。その両方で吹き替え担当の山寺宏一さんと会いました。いい話。

 

f:id:sexualrocker:20200216232540p:plain

【全文レポート】『パラサイト 半地下の家族』来日舞台挨拶にポン・ジュノ監督&ソン・ガンホが登壇

パネルを持ってスタコラサッサ〜と去っていくポン・ジュノソン・ガンホ。2人の仲良しっぷりが伝わって最高です。

 

コラボカフェ、コラボフードの増加

食品加工技術の向上により映画だけに留まらず幅広く展開するコラボカフェ。とにかく「映える」ので人気なのだと思います。

f:id:sexualrocker:20200218224911j:plain

映画「スター・ウォーズ」 完結編の公開記念!期間限定カフェが丸ビルにオープン | MOSHI MOSHI NIPPON | もしもしにっぽん

f:id:sexualrocker:20190303164948j:plain

『スパイダーマン:スパイダーバース』コラボカフェ、渋谷にオープン ─ 世界観に浸れるクールなメニューやオリジナルグッズが登場 | THE RIVER

マジ映え〜。特にディズニー(ピクサースター・ウォーズMCUなど)はキャラクター産業ということで強いですね。

 

しかし中には「こんな作品もやるの?」という案件もありました。

f:id:sexualrocker:20200218093014j:image

映画「CLIMAX」公式サイト » 『CLIMAX クライマックス』×CAFE:MONOCHROME カフェ:モノクローム コラボメニュー!!

ギャスパー・ノエ監督作『CLIMAX クライマックス』コラボカフェ。ちゃんとサングリアもあります。映画見た後に飲みたくねえー!

 

f:id:sexualrocker:20200218233336p:plain

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』コラボカフェ、東京・渋谷に出現 ─ 劇中ドリンク&フード再現、店内BGMはタランティーノ仕様に | THE RIVER

CAFE:MONOCHROMEさんは『ワンハリ』でもコラボカフェを展開。劇中でクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が飲むセロリが刺さったブラッディメアリーが飲めるのはいいなー。

 

f:id:sexualrocker:20200218095049j:image

-決してひとりでは食べないでください。- 伝説の傑作ホラー映画「サスペリア」×監獄レストラン「ザ・ロックアップ」 2019年1月17日(木) より “死を招く” コラボメニュー販売開始 |株式会社パートナーズダイニングのプレスリリース

リメイク版『サスペリア』コラボカフェ。「決してひとりでは食べないでください」ってやかましいわ!お一人様でもええやろ!(そういう意味ではない)そもそもあの映画を見た後に食欲があるかどうかわかりませんが…

 

f:id:sexualrocker:20200218095057j:image

4月12日(金)公開 映画「ハロウィン」×監獄レストラン「ザ・ロックアップ」 -神出鬼没の恐怖の化身・ブギーマンが蘇る- 2019年4月1日(月) より “食べたら、絶叫!”公開記念メニュー販売開始|株式会社パートナーズダイニングのプレスリリース

監獄レストラン「ザ・ロックアップ」さんはこの年『ハロウィン』コラボもやりました。おっかない映画のコラボカフェなら任しとけ!

 

f:id:sexualrocker:20200218095103j:image

NEWS|2019年10月 映画「ロボット2.0」タイアップメニュー – インド料理ムンバイ Indian Restaurant Mumbai

インド映画『ロボット2.0』コラボカレー。主演のラジニーカント様がベジタリアンということで安心の菜食定食です。こういう細部にこだわる案件好きです。

 

おもしろ宣伝動画の増加

wi-fiの普及により気軽に動画が楽しめるようになった時代、おもしろ宣伝にも動画コンテンツ豊作の次代がやって参りました。豊作と思っているのは僕だけかもしれませんが。

 

キャプテン・マーベル』×船越英一郎

2019年のMCUおもしろ動画は船越英一郎さんとのコラボでした。しかし如何せん短い。2018年の『ブラックパンサー』×藤岡弘、探検隊のコラボは5分ぐらいありましたよ。もっと頑張って欲しい。

 

『パージ:エクスペリメント』×フリーアナウンサー牧原俊幸

元フジテレビのベテランアナウンサー牧原さんが『パージ エクスペリメント』の内容をニュース速報風に伝える映像…なんですが、

「現場のスタテン島では、映えなマスクをつけたパリピたちが、異様なバイブスぶちあげており、マジ卍です」

といったようにギャル語全開でアナウンスするという異様な映像です。見ていると体温がどんどん下がっていくのを体感できますので皆さん最後まで見てください。(ちなみに僕はこの映像を見て初めてこの映画にマリサ・トメイが出ていることを知りました)(宣伝として役に立っている!?)

 

T-34 レジェンド・オブ・ウォー』×上坂すみれ

ソ連愛好家としてお馴染みの上坂すみれさんが戦車映画『T-34』をロシア語まじりのハイテンションでご紹介。個人的にこの映画についてあまり知らなかったのですがおもしろにつられてこの動画を見てマジで見てみたい!と思いました。(宣伝として役に立っている!!)

f:id:sexualrocker:20200218230028p:plain

Танки вперед!(タンキ フピェリョート!)

 

『フッド:ザ・ビギニング』×超特急

『フッド:ザ・ビギニング』の弓矢アクションに超特急が挑戦!映像のクオリティの高さと超特急の真剣な表情とほのぼのとしたムードのギャップがくせになります。コラボ動画はこれぐらいの温度感がいいのかもしれません。

 

ワイルド・スピードスーパーコンボ』×山田章仁&マッチョ29

打って変わってムンムンに熱い動画!そういえば2019年日本はラグビーイヤーでした。ということで元ラグビー日本代表の山田章仁さんと筋肉で日本を笑顔にするマッチョ29によるシバタウです!!正直スポーツに詳しくないので記事に書いてあることをそのまま書きました!しかし映画の内容と絡んでるし熱気も伝わるいいコラボだと思います!

山田章仁がマッチョ29と『シバタウ』を披露 『ワイルド・スピード』最新作の応援動画 | SPREAD

 

ファースト・マン』×ポルノグラフィティ新藤晴一

これは正確に言うとおもしろ動画ではなくて真面目なコメンタリーだと思うんですがアポロ11号の映画についてポルノグラフィティからコメントをもらえた時点でこの動画は勝利だと思いました。なんだか愛の理想みたいだね。

 

アニメコラボの増加

若年層を洋画に集めたい…という意図なのか人気アニメとのコラボも増えてきたような気がします。なるほどうまい!というコラボからいやなんでだよ!とツッコミたくなるコラボまで色々ありますが「アニメキャラが洋画を紹介する」というフォーマットが業界内で完成したのかそのパターンの映像が増えました。

 

ファースト・マン』×『宇宙兄弟

前澤さん、ポルノに続いて宇宙兄弟!アゲに徹したいいコラボだと思います。この映像に惹かれて映画を見た人がどんな気持ちになったか気になりますが…(僕は個人的に大好きな映画です)

 

ゾンビランド:ダブルタップ』×『ゾンビランド・サガ』

ゾンビランド』の続編が公開されるというニュースが流れた時、一部界隈でゾンビランドサガの続編かと思ったわwww」みたいなギャグをよく見かけましたが本当にコラボが実現。実際に吹き替え版にはアニメの声優さんが参加されたそうです。

 

ジュマンジネクスト・レベル』×『ハイスコア・ガール』

ゲームつながりということでこの2作がコラボ。僕はロック様も押切蓮介先生も好きなんですが好きなものを同時に食べると不思議な感じになるということがわかりました。この世界ではよくあることです。

 

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』×『ゴールデン・カムイ』

いやなんでだよ!人気アニメと人気映画がコラボしたらこれまた不思議な感じになりました。なぜかスパイダーマンに異様に詳しいアシリパさんが好きです。「白石みてえな頭してるよ!」「い〜ね〜!ぴぃ〜た〜くぅん!いいぞ〜」「夏休み狩りだぜ」等のパワーワードが頭に残ります。

 

 

えー、毎度のことですが2019年の傾向を書いただけで記事が長くなってしまいました。というわけで前編はここまで!例年通り前中後編のトリロジーでお送りします。次回は「この映画宣伝がすごい!2019」第10位~第6位までの発表です。みんなが大好きなあの宣伝は何位にランクインするかな?あの日本語吹き替えは?あの変なコラボは?ドキドキですね?ドキドキしてるのは僕だけですか?とにかくお楽しみに!

 

f:id:sexualrocker:20200218095014j:image

宮川大輔、「ワイルド・スピード」最新作CMナレーションで意気揚々「バッチリやん」 : 映画ニュース - 映画.com

次回も祭りだワッショーイ!!

2019年映画ベストテン

f:id:sexualrocker:20200107001431j:plain
 

こんにちは、ビニールタッキーです。

2019年に見た新作映画は44本ほどでした。今年は仕事が忙しかったり見たい映画が近所の映画館では公開されなかったりで(ド田舎なので…)配信レンタルで後追いで見た映画も多かったですね。これに合わせて旧作は32本程見たので気持ち新作が多いぐらいです。相変わらず年100本には届かないレベルの映画ファンの端くれですが、今年印象に残った映画をベストテンとして挙げてみます。

 

 

10.女王陛下のお気に入り

www.foxmovies-jp.com

アン女王(オリヴィア・コールマン)の「お気に入り」になるべく女官長サラ(レイチェル・ワイズ)と貴族から没落したアビゲイルエマ・ストーン)の血で血を洗う権力闘争が始まる。超実力派俳優のアンサンブルによる演技合戦が見もの。特にアカデミー主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマンの常人では耐えきれないような背景を背負った女王の演技や病状が悪化して擦り減っていく演技は本当に凄かった。ヨルゴス・ランティモス監督お得意の独特の動物使いも印象に残りました。あの最後のウサギちゃんとかね…。全てが終わった後の「これで誰が幸せになったんだろうか…」という後味も最悪で最高です。

 

 

9.ゴールデン・リバー

gaga.ne.jp

ゴールドラッシュ時代のアメリカ、一攫千金の秘策を持つ男2人とそれを追う殺し屋「シスターズ兄弟」の2人。この4人が黄金の眠る川(ゴールデン・リバー)で出会ってしまった…という映画。これは完全に不意打ちを喰らいました。4人の複雑な関係性が爆発しまくっている…!相変わらず演技力が鬼なホアキン・フェニックスは『ジョーカー』よりもふっくらしているにも関わらず異様な色気が漂っていました(あのお兄ちゃんに髪を切ってもらうシーンとか!本当に何事!?)ジョン・C・ライリーの後悔を抱えた兄も健気かわいくて素晴らしかった。ジェイク・ギレンホールも柔和でありながら心に芯を持つ男もいい(特に目の演技がいい!)そして僕はこの映画を見てリズ・アーメッドが好きだと確信しました。『ローグ・ワン』『ヴェノム』でもそうでしたがあまりにも大きすぎる理想を狂信的なまでに追いかける人物を演じさせたら天下一品ですね。この4人の人生の一瞬のきらめきのような一夜を経てからの地獄巡り、そして同じ映画とは思えないくらい穏やかなラストには驚きました。すごい映画だった…

 

 

8.トイ・ストーリー4

www.disney.co.jp

最初に「トイ・ストーリー4を作ります!」と聞いたときは「3であんなにきれいなハッピーエンドで終わったんだからもういいだろ」と思いましたが映画を見て猛省しました。僕の考えは浅はかだった。賛否両論あるこの映画ですが、否定派の方はきっとおもちゃをとても大事にしている人だと思うんですよ。僕はあまりおもちゃを大事にしてこなかった子供だったので「心配すんなよ。俺たちはよろしくやってるよ」と語りかけてくるようなこの映画に涙してしまいました。他にも新キャラのダッキー&バニーの関係性は最高だしギャビーギャビーのラストには涙腺が爆発するかと思うくらい泣きました。これまでのシリーズで描いてきたおもちゃの価値観を尊重しつつ一方で別の道を示した手腕に拍手を送りたいです。

 

 

7.クリード 炎の宿敵

wwws.warnerbros.co.jp

こちらも最高傑作『クリード チャンプを継ぐ男』の続編ということで期待と不安が入り混じる状態だったんですが…前作だけではなく『ロッキー4』の味わいまで深くなる素晴らしい続編でした。特に「父と息子」という関係をそれぞれの登場人物の関係性を通して重層的に描いていたのが素晴らしかった。そして因縁が頂点に達したところで迎える決着…この試合決着シーンはスポーツ映画史上屈指の決着だと思います。今思い返しても泣いてしまいます。

このブログでもやたら長い感想を書きましたのでご覧ください。

planetvinyl.hatenablog.com

 


6.ドクター・スリープ

wwws.warnerbros.co.jp

これまたスタンリー・キューブリック監督の傑作映画『シャイニング』の続編ということでどないやねん、と思いながら見たら前作へのオマージュをしっかり捧げつつド派手な能力バトル!容赦ない暴力シーン!そして子どもたちへの真っ直ぐなメッセージにグッときてしまいました。絶対に難題であるこの続編を二次創作的な発想と大胆な映像で完成させたマイク・フラガナン監督の手腕に舌を巻きました。キャラクターで言うと邪悪なコミューンのボスであるローズ・ザ・ハット(レベッカ・ファーガソン)の全く共感できない最低最悪なゲス野郎っぷりは最高でしたね。

個人的には大人になったダニー少年ことユアン・マクレガーのキャラが完全にオビ=ワン・ケノービだったのも嬉しかったです。シャイニングと共にあらんことを…

 


5.シャザム!

wwws.warnerbros.co.jp

2019年はDC映画の快進撃が続きましたがその中でも忘れられないのが『シャザム!』ですね。スーパーパワーも何も持っていないビリー少年が友人でありグループホームの家族でもあるフレディを助けるために英雄的な行動をするシーンにグッときてしまいました。(このフレディ君が足が不自由という設定に重要な意味があるのも素晴らしかった!)そして「分かち合えない力なんて意味がないよ」というセリフはあらゆる強権的な人物や権力一点集中的な国家や物事に対する明確なアンチテーゼで胸を打ちます。変身後のシャザムを演じたザッカリー・リーヴァイのいい人オーラが全体に滲み出ている雰囲気も込みで大好きな映画です。

 


4.ヒックとドラゴン 聖地への冒険

gaga.ne.jp

2019年は様々なシリーズ映画が完結を迎えましたが『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は本当に完璧な三部作完結篇でした。傷ついた少年とドラゴンが”人馬一体”となる過程を描いた傑作の1、戦うことの意味や犠牲をより濃く描いた2、そしてそれぞれの成長を描く3とこれほど丁寧に作られ、幸せに満ちた三部作は中々ないと思います。「シリーズ未見なので…」「いきなり3から見てもいいの?」という方に断言します。僕は『ヒックとドラゴン』一作目をDVDで見て劇場公開時に映画館で観なかったことを猛烈に後悔しました。一作目の公開はすぐに終わってしまいました。二作目は日本未公開でした。三作目はあらゆる配給会社が手を組んでなんとか公開が実現しました。圧倒的な飛行シーンと美しいビジュアル(ビジュアルコンサルタントは実写映画でも数々の賞を受賞しているロジャー・ディーキンス御大!)を堪能できるので今すぐ公開館に足を運んでください!よろしくお願いします。

 


3.ロケットマン

rocketman.jp

壮絶な人生を歩んできたエルトン・ジョンの経歴を実際の楽曲と絡めながらきらびやかなミュージカルに仕上げた意欲作。周りの人間からの愛を渇望する彼が「誰かに愛されたいならまず自分自身を愛する」ことに気付くまでの過程が愛おしく切なく美しい。その複雑な愛の渇望を象徴するような「Your Song」制作シーンはタロン・エジャトン君の圧倒的な歌唱力も込みで何度見ても涙ぐんでしまいます。(実際にバーニー・トーピンが書いた直筆の歌詞カードには朝食のテーブルで書いたためコーヒーや卵の染みが付いているという話がまた泣けてくる…)このように実在の楽曲と映画のストーリテリングが見事に合致した職人芸のような映画だと思います。

 

 

ロケットマン』は何よりもデクスター・フレッチャー監督の名が知れ渡ったことが本当に嬉しい。『イーグル・ジャンプ』が日本未公開となったり『ボヘミアン・ラプソディ』で途中降板したブライアン・シンガー監督に代わって現場を立て直したにも関わらず色々な都合で表舞台に出れなかったりしたデクスター・フレッチャー監督。ついに報われた…!と感慨深くなります。監督が俳優をやっていた頃に『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で共演したジェイソン・ステイサムが試写会で泣きながら顔を真っ赤にして出てきたという話もいい話すぎて忘れられません。

 


2.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

www.onceinhollywood.jp

伝記映画にはお話としてわかりやすくするために必ず脚色が入りますが「テーマを語るためなら事実の脚色ってここまでやっていいんだ!」と感動した映画でした。タランティーノ監督がこの映画で何をしようとしたのかはこちらのインタビューでより理解できると思うのでぜひお聞きください。

 

そしてこの映画は何よりもリック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)とクリフ・ブース(ブラッド・ピット)の友人以上妻未満の関係性が本当に本当に最高でした。かつて名声を争った名俳優2人の共演という胸熱物件でありながらそこに濃厚なやおいをぶっ込んできたタラちゃんには感謝しかありません。今後もこういうことどんどんやって!映画界!という気持ちでいっぱいです。 

 

1.スパイダーマン:スパイダーバース

f:id:sexualrocker:20200106232717j:plain

https://bd-dvd.sonypictures.jp/spidermanintothespiderverse/

イエーイ!最高!!とにかくアニメーションの気持ちよさとテーマの深さに完全にヤラレました!なんというか、僕の好きな”親愛なる隣人”スパイダーマンがここに詰まっていると感じました。主人公のマイルス君を始め、グウェンもスパイダーノワールもペニー・パーカーもスパイダーハムもみんないい。ヒーロー集合モノの映画は数あれどこんなに見た目がてんでバラバラなのに"スパイダーマン"という精神で繋がっていてわちゃわちゃ戦う様子がとにかく楽しい。そしてお腹周りが気になる中年男性もヒーローになれるという道標を教えてくれたピーター・B・パーカー!次元の異なるキャラクターごとにアニメのフレーム数も異なるという狂気の沙汰のアニメーションも見ものです。何度見ても新たな発見がある映画なのでぜひ見てください!!

 

 

えー、本来はここで終わりなのですが2019年は個人的にどうしても触れなければならない映画がありました。今回特別枠というカテゴリでご紹介します!

 

 

特別枠.HIGH&LOW THE WORST

high-low.jp

f:id:sexualrocker:20200107002937j:plain


2年前、よみうりランドで開催されたハイローランドでの舞台挨拶で平沼さんの発言を聞いてから個人的にはずっとお祭り状態でしたね。

鬼邪高PTA(鬼邪高校ファンの総称)としてとても楽しみにしていた映画でしたが鬼邪高生はもちろん、鳳仙の新キャラたちもみんな瑞々しくて素晴らしく、アクションもストーリーも解説を聞いてもどうやって撮影したのかよくわからないカメラワークも全てが最高でした。特にストーリーは『HIGH&LOW THE MOVIE』の最新進化系という感じで、アクションの見せ方、回想シーンの使い方、お話運びからキャラクターの関係性の構築の仕方まで全てがブラッシュアップされていてグッときてしまいました。

そして…この映画を語る上で欠かせないのが轟洋介(前田公輝)という男の存在。劇場版の登場回数が少ないためやきもきしていたのですがまさに彼の成長と飛躍を描く映画でした。鬼邪高番長:村山さん(山田裕貴)と轟くんの関係性にドラマシリーズからずっと悶えていた僕のようなファンへの最高のプレゼントみたいな映画でしたね。2人のタイマンはほぼ段取りなしで1日で撮り終えたという伝説も胸を熱くさせます。

 

もちろん鳳仙学園の面々も素晴らしかった。LDH外の若い役者である彼らが話し合いを繰り返して演じるキャラクターを膨らませていったというエピソードは、かつて噛ませ犬としてキャスティングされた鬼邪高の3人(山田裕貴・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル)が何とか傷跡を残してやろうとアイディアを出しまくったという有名なエピソードを思い出して泣きそうになります。このように若手俳優が自分を表現できる場がもっともっと増えるといいな、と思いました。

 

以上です。

いやーしかし大作が多いですね。しかし選外になってしまった作品でも素晴らしい作品はありました。『キャプテン・マーベル』や『アクアマン』の痛快さは良かったし『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアッセンブルシーンは燃えたし2019年後半に僕の自律神経をかき乱しまくった『ターミネーター:ニュー・フェイト』も素晴らしかった!『The Guilty/ギルティ』の限定空間で想像する現場に背筋が凍る感覚も最高だったし『アメリカン・アニマルズ』の独特の構成も忘れられない。

しかし田舎に住んでいる限り映画に触れる機会がどうしても少なくなってしまう…という悩みを解決するためについにNetflixに入ってしまいました!早速何本かオリジナル作品を見ていますがこれとてつもない配信サービスですね!絶対に流行りますよ!(既にユーザー数1億人を突破しています)

ということで2020年もいっぱい映画見るぞ~!

 

トークイベント「この映画宣伝がすごい!アワード2019 」やります!

f:id:sexualrocker:20191019133728j:plain

こんにちは、ビニールタッキーです。

 

2019年も年末が近づいてきたということで今年もあのイベントをやります!

 

「この映画宣伝がすごい!アワード2019」in 大阪ロフトプラスワンエスト!

www.loft-prj.co.jp

正式なトークイベントタイトルは「この映画宣伝がすごい!アワード2019 〜令和もすごいぞトンチキ宣伝、2020年の展望も〜」です。大阪はミナミのロフトプラスワンエストにて2019年12月1日(日)の13:30からやります!日曜日の真っ昼間から映画宣伝の話できるなんて…

 

ロフトプラスワンエストさんでは今年4月に「平成最後のこの映画宣伝がすごい!」と題したイベントをやらせて頂きました。その時の顛末はこちらのブログでも記事に書きました。またやらせて頂けるということでメチャ嬉しいです!

planetvinyl.hatenablog.com

今回は「この映画宣伝がすごい!アワード2019」と題しまして今年僕個人が印象に残った映画宣伝を僕個人が勝手に部門別に表彰するアワード形式でトークしたいと思っております。部門は現在考え中ですが「ベストPRイベント賞」とか「ベストタレント吹き替え賞」とか「ベスト不思議なコラボ賞」とか「ベスト着ぐるみが頑張ったで賞」とかそういうのになると思います。2019年も色々な宣伝がありましたからねえ…

 

f:id:sexualrocker:20190503115656j:plain

こんな宣伝や…

 

f:id:sexualrocker:20191019133911j:plain

そんな宣伝とか…

 

f:id:sexualrocker:20191019133930j:plain

あんな宣伝について語りたいと思います。

 

また、長いサブタイトル「〜令和もすごいぞトンチキ宣伝、2020年の展望も〜」の通り、2019年の映画宣伝の傾向と、2020年の映画宣伝予想なんかもできればやりたいと思います。いやーどうなるんでしょうね、『キャッツ』とか『キングスマン:ファースト・エージェント』とか『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』とかの宣伝。

 

では改めて告知です!

***********************************

「この映画宣伝がすごい!アワード2019 〜令和もすごいぞトンチキ宣伝、2020年の展望も〜」

開催日:2019年12月1日(日)

日時:開場12:30〜 開演13:30〜

場所:大阪 ロフトプラスワンエスト(公式HP:http://www.loft-prj.co.jp/west/

チケット:前売り¥2,500、当日¥2,800(飲食代別)

詳細は↓ロフトプラスワンエストの告知ページでご確認ください。

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/131080

***********************************

 

チケット購入はイープラスで本日から販売開始してます!以下のURLからご購入ください。

eplus.jp

 

というわけで映画が好きな方もそれほどでない方も、とにかく映画宣伝が好きでたまらない方も、他人が映画について語っているのを聞くのがお好きな方も、12/1に大阪近辺でとにかくヒマな方も、皆さんぜひお集まりください!楽しいイベントにしたいと思います!よろしくお願いします!

 

あと今回は大阪グルメを食べ過ぎないように気をつけます!(前回食べ過ぎて太った)

 

【おもしろ映画宣伝総進撃】第4回『グリーンブック』日本のソウルフードはフライドチキンじゃなくてからあげ弁当!良純&一茂&おじさん50人&VTuber!?

 f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain行こうぜ相棒!おもしろ映画宣伝総進撃!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain相棒!って急に言われても。今気付いたんだけど僕ら二人の関係ってどういう設定なの。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain設定とか言うな!そうだな…映画宣伝ウォッチャーの俺がイマジナリーフレンドに話しかけてるみたいな…

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain想像以上に暗い設定だった。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainやめろや!イマジナリーフレンドは大切なんだぞ。『インサイド・ヘッド』でも言ってたよ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain僕最終的に消えちゃうじゃん。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainえーそんな僕らのような凸凹コンビが出てくる今日の映画は『グリーンブック』

 

f:id:sexualrocker:20190918133937j:plain

 

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞助演男優賞を受賞した。

グリーンブック : 作品情報 - 映画.com

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain賛否はあるけど笑って泣けて考えさせられる映画だったと思う。音楽も編集もテンポがよかったしハッとさせられるシーンが何度もあった。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain確かに議論を呼ぶ部分は山ほどあるね。*1僕は『グリーンブック』も『ブラック・クランズマン』も好きだよ。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainドン・シャーリー役のマハーシャラ・アリ「観客の中にはスパイク・リーやバリー・ジェンキンスの映画を観ないという人もいる。そういう人たちに届けるためにこの映画はある」*2って言ってたし。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainうーん。とりあえずからあげ弁当でも食べて落ち着こう。

 

 

f:id:sexualrocker:20190918141508j:plain

(近畿2府4県店舗のみ)映画「グリーンブック」劇場鑑賞券プレゼントキャンペーン | 鶏笑「からあげ専門」チェーン

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainグリーンブック×からあげ弁当!キャッチコピーを「行こうぜ、”鶏笑”」ともじってるのがいいね。味があるいいコラボだ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

「あんたにしかできないことがある」を「鶏笑でしか食べられない"からあげ"がある」と無理くりアレンジしているのもいい。しかも関西限定コラボというのがアツいね。危うく見落とすところだった。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainこの映画を見ると無性にフライドチキンが食べたくなるけどフライドチキンと黒人文化って複雑な歴史があるからね。日本ではそういう点で無頓着になりがちだけど「からあげ弁当」ならギリ配慮されてる感じがするね。

  

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainいや、普通にフライドチキンキャンペーンやった映画館もあったよ。

 

 

https://twitter.com/TPShinagawa/status/1099107376660066309

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainおーい!T・ジョイPRINCE品川!無邪気か!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそういえば今回はピーター・ファレリー監督が来日したね。

 

 

natalie.mu

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainゲストが松下奈緒さんというのは気が利いてるね。同じピアニストだからドン・シャーリーの気持ちがわかるかもしれない。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain「松下さんご本人も愛用しているという京都老舗の箸専門店のお箸セットをプレゼント」だって。こういう時よく映画名をプリントした法被とか提灯とか和傘みたいな和モノをプレゼントしがちだけどこれは本当に良いものだね。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainまあ別の日のイベントでは映画名をプリントした法被を着て鏡開きしてたけどね。

 

natalie.mu

 

f:id:sexualrocker:20191001234806j:plain

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainよっ!待ってました!俳優さんがゲストで登場したときにありがちな「私もハリウッド映画に出れますか?」みたいなトークもあったりしてロイヤルストレートフラッシュって感じだ!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそしてグリーンブックといえば石原良純長嶋一茂の宣伝隊長コンビ。

 

 

eiga.com

 

f:id:sexualrocker:20190918133336j:plain 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainなんともザワつくコンビだな。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainインテリなジャマイカ系ピアニストと粗暴なイタリア系チンピラという正反対なおじさん2人が仲良くなるって話なのに「仲良いおじさん2人」という部分だけピックアップしてしまった印象が…

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainしかも2人ともお金持ちの二世タレントっていうね。金持ちで粗暴な2人揃えてどうするんだっていう。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain言いすぎだよ!でももう少し正反対感を出してほしかったよね。どのおじさん2人だったらよかったんだろう。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain田中圭吉田鋼太郎とか。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain違う作品じゃねーか!おじさんっていうかおっさんずだろそれ!あと田中圭はおじさんじゃない、と思う。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainいやでも田中圭は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で50代のカイル・チャンドラーの吹き替えやってたし。*3

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain色々混ぜるな!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainおじさんといえば石原良純長嶋一茂に加えて50人のおじさんを集めた「おじさん試写会」とかもやってたね。

 

 

www.anemo.co.jp

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainたまにあるよねこういうの。ジョニデのハゲ頭が話題になった『ブラック・スキャンダル』の「薄毛の人限定上映」*4とか。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain異人種感の友情とか根深い人種差別とかアメリカの歴史とか色々なテーマがあるからもっと開かれてほしいけどね。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainうーんちょっと「おじさん」にスポットを当てすぎじゃないかな…。さすがの良純も「友情の話だから、おじさんにこだわらないほうがいいんじゃないかな」って言ってるよ。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

よし、じゃあ綾戸智恵のピアノコンサートならどうだ。

 

 

eiga.com

この日綾戸は、劇中のドクター・シャーリーが演奏した「ONE MORE FOR THE ROAD」など数曲を、映画と同じくアメリカの高級ピアノ、スタインウェイで披露。「ドン・シャーリーもスタインウェイにこだわった。なるべく少ない音で、喜びや悲しみを表現できる。私もスタインウェイじゃないときは曲を変えます。(1音1音に)あいうえおがついているようなピアノ」と、世界のピアニストから愛される名器の魅力を実演と共にアピールした。

 

youtu.be

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

ちょうだいちょうだい!そういうのちょうだいもっと!映画と同じスタインウェイのピアノで演奏してるのもいいしコメントも素晴らしい!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

ピアノが上手な上にめっちゃ喋りまくるというドンとトニーを足して割らなかった感じ綾戸智恵にサロンコンサートをやってもらうというコンセプトがいいね。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

言い方!でも確かにそうだね。この映画の音楽的背景が楽しく学べるね。こういうの待ってたよ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainよしわかった。じゃあこれもどうだ。『グリーンブック』×VTuberコラボ。

 

 

ototoy.jp

 

youtu.be

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain振れ幅がでかすぎるよ!グリーンブックの宣伝!!

 

 

 

グリーンブック [Blu-ray]

グリーンブック [Blu-ray]

 

 

【おもしろ映画宣伝総進撃】第3回『アリータ:バトル・エンジェル』かわいい室伏!戦うホットヨガ!クリストフ・ヴァルツ・ミーツ・VTuber!

 f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain始まりました!おもしろ映画宣伝総進撃!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

イエーイ。全く反響がないけどとりあえず3回目まで来たね。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

やめろや!こういうのは地道なアーカイブ作業なんだよ!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain毎回一つの映画にフォーカスしておもしろ映画宣伝を紹介する「おもしろ映画宣伝総進撃」。過去2回はこちら。 

 

 

planetvinyl.hatenablog.com

 

planetvinyl.hatenablog.com

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainというわけで第3回の今日取り上げるのは『アリータ:バトル・エンジェル

 

 

f:id:sexualrocker:20190916165311j:plain

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。監督は「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。主人公アリータ役は「メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールが務め、いずれもオスカー俳優であるクリストフ・ワルツジェニファー・コネリーマハーシャラ・アリが共演。数百年後の未来。スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータは、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられ、目を覚ます。しかし彼女は、自分の過去や今いる世界についてなど、一切の記憶が失われていた。やがてアリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していくが……。

アリータ バトル・エンジェル : 作品情報 - 映画.com

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainえーとても言いにくいのですが私原作を読んでいません。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainそんなのアリータ?

 

 

f:id:sexualrocker:20190916165953j:plain

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainいきなりかましてきたな!ツイッタープレゼント企画 #アリータじゃんけん のハズレ画面ね!説明が必要だよ!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainマジかよ。原作マンガを読まない状態で見に行くなんて『進撃の巨人』以来じゃないか。よく見に行ったな。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainいやそれだけじゃないだろ!アメコミ映画だってほとんど原作読んでないけど見に行ってるよ。俺はとにかくクリストフ・ヴァルツマハーシャラ・アリが好きなので…

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainわかる。いい役者だよね。マンガ原作映画って世界観とキャラクターの作りこみが難しいんだけど超演技達者な俳優さんたちのおかげで重厚な雰囲気になってたよね。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainアリータの格闘術「パンツァークンスト」が明らかに詠春拳っぽい動きなのも燃えたなー。アクションは派手だし脇を固める敵たちも個性豊かで面白かった。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainアリータを見守るジェニファー・コネリーもいい演技してたよね。やっぱり旦那さんが人造人間だから役に入りやすかったのかな。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainポール・ベタニーは人造人間じゃねえよ!*1

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainアリータ:バトル・エンジェル』といえばあれだよね。名称変更事件。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainえっ!?

 

 

 

www.cinematoday.jp

漫画家・木城ゆきとのSF漫画「銃夢」を『シン・シティ』のロバート・ロドリゲス監督が実写映画化する『Alita: Battle Angel(原題)』の邦題が、『アリタ:バトル・エンジェル』から『アリータ:バトル・エンジェル』に変更された。23日、20世紀フォックス映画が発表した。

変更の理由は、作品の完成が近づくにつれ、主人公アリタの語感がアリータであることがわかり、よりオリジナル版の発音に近づけるためだという。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそっちかよ!一瞬ヒヤっとしたよ!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainやっぱりそう思うよね。2000年代初期にインターネットをやってた人はこのマンガのタイトルに極めて敏感だからね。*2

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

しかしアリタ→アリータに変更しました。ってわりとどうでもいいニュースだな。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

そんなことないよ。宣伝大使がくりぃむしちゅー有田(ありた)になりそうだったところ、この変更のおかげで上白石萌音になったんだから。

 

eiga.com

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain絶対そんなわけないだろ!しかしバトルスーツ姿の上白石萌音さんが勇ましくていいね。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

僕も上白石萌音さんは適役だと思うね。声優経験がある人は心強い。あとアリータも『君の名は』みたいなもんだから。「大事な人、忘れたくない人、忘れちゃだめな人!誰だ?誰だ?誰だ?誰だ?名前は…ガリィ」。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

無理矢理絡めてきたなー。

 

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain吹き替えといえば劇中のスポーツ競技モーターボールの吹き替え実況が古館さんだったね。

 

 

www.cinemacafe.net

youtu.be

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainはい…

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainなんだよ、リアクション薄いな。日本だけじゃなくて世界各地でもワールドカップの解説者とか世界選手権のコメンテーターみたいな本物の実力者が吹き替えしてるらしいぞ。

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainうん。だからこそあんまりコメディっぽく吹き替えするのはどうかなって。アリータが身体を柔軟に曲げて避けるシーンに「戦うホットヨガ」て。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain何言ってんだよ。この業界は真面目よりおもしろが優先されるんだぞ。カマトトぶってんじゃねえぞ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそんな元も子もないようなことを!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain見てみろ。ローサ・サラザールクリストフ・ヴァルツロバート・ロドリゲス監督が来日したときのゲストなんてキズナアイだったんだぞ。

 

 

natalie.mu

f:id:sexualrocker:20190925075902j:plain


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain今何かと話題のキズナアイさん!人造人間絡みとはいえすごいコラボだなー!一昔前だったらペッパー君がやってたかもね。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

機械のトラブルでスクリーンからキズナアイが消えたときにすかさず「戻って来て!」「どこにいるの?」と呼びかけるローサ・サラザールが最高だったね。

 

f:id:sexualrocker:20190924151605j:plain

「彼女を返して!」と迫真の演技を見せるローサ・サラザールさん

キズナアイが出演者陣へ直撃「世界で愛されるためには?」『アリータ:バトル・エンジェル』公開記念イベント|Real Sound|リアルサウンド テック

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainナイスアシスト!何とかしてキズナアイさんと手を繋ごうとするクリストフ・ヴァルツとか見どころ満載のイベントだった。

 

f:id:sexualrocker:20190924151726j:plain

何とかしてキズナアイと手を繋ごうとするクリストフ・ヴァルツ

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainこのコラボは適格だったと思うね。アリータも「本当の自分は誰なのか」を探す話だからね。ここ最近のキズナアイさんと同じだ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainやめろや!

 

 

 

 

*1:ポール・ベタニーMCU作品で人造人間ヴィジョン役を演じている。実生活でジェニファー・コネリーの旦那さん。仲良し夫婦。

*2:若い人は「銃夢ハンドル事件」でググってみよう!

【おもしろ映画宣伝総進撃】第2回『女王陛下のお気に入り』叫ぶゆりアン王女!ひぐちカッター!パンケーキがないならケーキを食べればいいじゃない!

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain続いたよ!おもしろ映画宣伝総進撃!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain絶対に一発で終わると思ってたけど続いたな。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainネタだけは山ほどあるからね。もう年末まで近いしこのまま駆け抜けたい。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain9月に「年末が近い」って感じるのは加齢の証だよ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainやめろや!最近遠くが見えにくくなってきて本気でへこんでるんだよ…

 

 

 f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainご、ごめん。とりあえずおもしろ映画宣伝について説明するね。

 

 

おもしろ映画宣伝とは…

海外の映画が日本国内で公開される際に行われる「お笑い芸人によるPRイベント」「旬のタレントをゲストに迎えてのPRイベント」「トンチキな出演俳優来日イベント」「不思議な企業コラボ」「タレント吹き替え」「日本版オリジナル主題歌」等の宣伝群。

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

そんなおもしろ映画宣伝を一つの作品に絞って紹介するのがこのおもしろ映画宣伝総進撃です。第1回はこちら。

 

 

planetvinyl.hatenablog.com

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそして第2回として取り上げるのは『女王陛下のお気に入り

 

 

f:id:sexualrocker:20190907234646j:plain

「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」で注目を集めるギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いた人間ドラマ。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、女王アンを演じたオリビア・コールマンも女優賞を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む9部門10ノミネートを受け、コールマンが主演女優賞を受賞している。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイル支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。出演はコールマンのほか、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトほか。

女王陛下のお気に入り : 作品情報 - 映画.com

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainおいおい。鬼才ヨルゴス・ランティモス監督*1の映画じゃないか。しかも主演の3人がオスカーノミネート、最終的にオリヴィア・コールマンがアカデミー主演女優賞を取ったすごい映画だぞ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain俺も最初は難解な映画かな、と思ってたけど見てみると下世話でブラックなコメディで何度も笑えた。でもそれが皮肉で恐ろしいし悲しいし確かにすごい映画だった。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainレイチェル・ワイズがカッコいいんだよね。さすがダニエル・クレイグの妻。女王陛下にお仕えする者同士気が合うのかな。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain色々混ざってるよ!女王陛下の007*2って言いたいだけだろ!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

こういう映画は映画評論家を呼んで真面目なトークイベントをやったりしそうだけどおもしろ映画宣伝なんてあったの。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

あるんだなこれが。まずはこちら。

 

 

natalie.mu

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainゆりやんレトリィバァが「ゆりアン王女」に扮して登場。髭男爵のひぐち君を含むイケメンたちが『女王陛下のお気に入り』を巡ってバトル!

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain出た。『僕のワンダフル・ライフ』『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』など数々のPRイベントで爪痕を残してきたゆりやんレトリィバァ

 

natalie.mu

eiga.com

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

うーん。”爪痕”と表現したのがよくわかる仕事っぷりだ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainお姫様抱っこしようとしてできない…みたいなネタは『ジュピター』の時も見たね。*3PRイベントあるあるだ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainどんだけ狭いあるあるなんだ!しかし女王を巡って女性同士が争うって話なのにイケメンを呼んでくるのはどうかなって思ったよね。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainまあでもこの映画に出てくるイケメン、本当にどうしようもない扱い受けるからある意味合ってるのかも。こんな役を受けるジョー・アルウィン君っていい奴なんだな、ってちょっとファンになっちゃった。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain何ならひぐち君にも劇中のニコラス・ホルトみたいなメイクばっちりの貴族コスチュームで出てきてほしかったね。町山さんはちゃんとやってたよ。

 

 

movie.walkerplus.com

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainお笑い芸人より気合が入ってるってどういうことなの。何なら2人でイベントに出ればよかったのかも。樋口くん&町山さん。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainなんか某実写映画を思い出す字面だな!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain俺が印象に残ってるのはこれだな。

 

 

 

現役慶大生芸人・夢屋まさる「パンケーキ食べたい」でブレイクの心境語る 学業と両立で過酷スケジュールも - モデルプレス

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain「パンケーキ食べたい♪」でおなじみの夢屋まさるがオリコン、モデルプレス、シネマトゥデイの事務所を宣伝大使として訪問。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainオスカー受賞作品の宣伝大使が夢屋まさるなの!?もっとこう米倉涼子とか藤原紀香とかがやる仕事じゃないの?

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain大丈夫。昔藤原紀香の髪型を真似してあまりのメンテナンスの難しさに挫折したことでお馴染み*4ジェーン・スーさんもコメントを出してるから。

 

www.cinemacafe.net

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそれはどの層にとってお馴染みの話なんだよ!でもNetflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の大ファンであるジェーン・スーさんに『女王陛下のお気に入り』について聞くのは的確だと思う。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

両方とも「女同士の対立」以上の深みやドラマがある作品だからね。「鑑賞者自身のカルチャーとリンクできるシーンがたくさんある。どんな解釈もできるところが素晴らしい」という言葉の通りだと思う。見た人と語りたくなる系の映画だよね。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

いや、本当に丁寧なところは丁寧じゃん。逆に夢屋まさるの浮きっぷりがすごいよ…

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainちなみに夢屋まさるは各訪問先に「女王陛下のお気に入り」ロゴ入りケーキをプレゼントしたそうです。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainパンケーキじゃないのかよ!

 

 

 

 



 

 

 

*1:物凄い映画ばかり撮る人だけど喋るととても穏やかな人らしい。

*2:女王陛下の007』1969年公開の007シリーズ第6作目。主演はジョージ・レーゼンビー。オチが切ない。

*3:『ジュピター』PRイベント。劇中のシーンを再現すべくノンスタ井上がアジアン馬場園をお姫様抱っこするシークエンスがあった。 https://natalie.mu/eiga/news/141751

*4:TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル「意に沿わぬ髪型特集」 https://miyearnzzlabo.com/archives/14809

【おもしろ映画宣伝総進撃】第1回『アクアマン』海中バトルに飛び込メンディー!4DXでびっしょりはん!

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

というわけで唐突に始まりました。おもしろ洋画宣伝総進撃!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain

本当に唐突に始まったな… 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain

日本で公開された洋画(海外映画)のおもしろ映画宣伝を1本ずつまとめてみたかったんだよ。あとずっと前から対話形式のブログ記事をやってみたかったんだよ!

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain葉鍵キャラの対話形式ほめぱげ*1で育った世代だもんな。とりあえずおもしろ映画宣伝について説明した方がいいんじゃない?

おもしろ映画宣伝とは…

 海外の映画が日本国内で公開される際に行われる「お笑い芸人によるPRイベント」「旬のタレントをゲストに迎えてのPRイベント」「トンチキな出演俳優来日イベント」「不思議な企業コラボ」「タレント吹き替え」「日本版オリジナル主題歌」等の宣伝群。


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainまあこのブログのエントリ「この映画宣伝がすごい!」を読めばどんな概念か伝わると思う。

 

 

planetvinyl.hatenablog.com


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain「この映画宣伝がすごい!」は1年分の総括なのでどうしても漏れてしまう宣伝が山ほどあるのよ。そういうのを1作品ごとに拾って行きたいと思ってとりあえず始めてみました。

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain飽きたら急に終わる可能性があるな。ちょっと前に書いてた映画感想みたいに。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainやめろや!あの時期仕事が死ぬほどヒマで書いてたんだよ。今はもうそんな時間はない…

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainリアルな話させてゴメン…とりあえず『アクアマン』の話しようよ。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907072923j:plain

DCコミックス原作のヒーローで、「ジャスティス・リーグ」にも参戦したアクアマンを主役に描くアクション大作。海底に広がる巨大な帝国アトランティスを築いた海底人たちの王女を母に持ち、人間の血も引くアクアマンは、アーサー・カリーという名の人間として地上で育てられた。やがて、アトランティスが人類を征服しようと地上に攻め入り、アクアマンは、アトランティスとの戦いに身を投じていく。人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られるハワイ出身の俳優ジェイソン・モモアがタイトルロールのアクアマンを演じ、世界的大ヒットを記録した「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督がメガホンをとった。共演にアンバー・ハードウィレム・デフォーニコール・キッドマンほか。

アクアマン : 作品情報 - 映画.com

 
f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain実を言うと劇場で字幕と吹替両方見た。

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainめっちゃ好きじゃん。吹替版も豪華声優陣でいいんだよね。ワーナー公式アカウントもその点をオススメしてたよね。

 

 
f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそれはワーナー公式がオススメ映画を診断するハッシュタグ「楽しみな洋画がタレント吹き替え初挑戦になったのでオススメ教えて」とウザ絡みしたら苦笑いで回答してくれた件じゃん!その節は本当にすいませんでした。

 

 
f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain確かアクアマンについて「絶対にさかなクンが宣伝大使になる」って予想してたけど…

 


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain結局ハズレちゃった。その代わり3人の強力な宣伝大使がいたぞ!まさにトライデント(三叉槍)!

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainおおっ、無理矢理アクアマンに絡めてきた。

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainまず1人目、関口メンディー

 

 

natalie.mu

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain筋肉質、明るいキャラクターがアクアマンに合ってるよね。

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainアクアパーク品川のイルカたちがメンディーの合図で動くのとかかわいい要素しかない。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainわかる。「海中バトルに飛び込メンディィィ!」というCMを見た瞬間、「勝ったな」と思ったね。

 

youtu.be


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain何にだよ!

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain「どの海洋生物を率いて戦いたいか」という質問に「亀に乗りたい。クジラとかもいいけど亀がいいな。でも亀は戦えないので僕が戦います」と答えてるのもいい。


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainほのぼのかつマッシブなコメントだなー。

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそしてトライデントの2人目、吉田沙保里

 

 

www.cinemacafe.net


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainこれはナイスチョイス!劇中に登場する女性はみんなタフで強かったからね。ニコール・キッドマンアンバー・ハードもバトりまくってた。

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain来日したアンバー・ハード常に戦闘態勢だったのがよかったよね。伝説の槍トライデントを持つ姿も最高にかっこよかった。

 

natalie.mu


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain吉田沙保里は『ワンダーウーマン』に引き続きの登用なので正式にDC映画アンバサダーに任命した方がいいと思う。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainいいね。今後『ジョーカー』とか『バーズ・オブ・プレイ』とか『フラッシュポイント』の日本公開記念イベントにも出てもらおう!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainなぜ暗そうな映画ばかり…

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainこの時ジェイソン・モモアは来日できなかったんだけど、コメンタリービデオで奥さん(リサ・ボネット)の写真がプリントされたスウェットを着て登場するという謎演出があったことは忘れずにいたい。

natalie.mu


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain奥さん大好きか!*2って思ったよね。

 


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそして3人目、クワマン

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainえっ?

 

 

matome.naver.jp

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain映画公開日に突然アクアマンのポスターを真似た写真を投下して一部が騒然となった所謂「ア・クワマン」事件は覚えている人も多いと思う。

 

f:id:sexualrocker:20190712105149j:plain

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainしかもそれがアカウント開設して一発目の呟きというね。もっと色々告知するべきことがあるはずなのに。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain「大変なことになってますよ!」とわざわざ僕にリプを送ってくれた人がいたのを覚えてる。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainこれ本物?と映画ファンが困惑する中「クワマンさんの知り合いですが、本当にこういうことをする人です」と証言する人まで出てきて最高だったなー。


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain本当に勝手に宣伝隊長だったみたいで後にワーナーからこの経緯についてオフィシャルインタビューを受けてたのは笑った。

 

warnerbros.co.jp


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainゲリラ行為っぽいけどあのア・クワマン写真は水族館にちゃんと許可を取って撮影してるんだよね。しかも一緒にいた息子さんに撮ってもらったという話が泣かせるね。


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそこ泣くところ?

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain4D応援上映イベントにはひょっこりはん庄司智春が呼ばれてたよね。飛びこミキティー!

 

movie.walkerplus.com


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainそんなこと言ってねえよ!

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain間違えた。正確には「濡れティー!」だった。ひょっこりはん「びっしょりはん!」

 


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainあんまり変わんなかった!

 

 


f:id:sexualrocker:20190907064446j:plainあと印象的だったコラボと言えばコールドストーン・アイスクリームとのコラボ。

 

www.excite.co.jp


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain爽やかな青いアイスがいいね。ただ…劇場公開が2月だったよね。売れ行きどうだったんだろう。

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain当時東京スカイツリーに行った時コールドストーンがあったんだけど近くにあった『プリンス・オブ・レジェンド』*3のポップアップストアの方が盛況で「こっちの海のプリンスにも注目して!」って思ったよね。


f:id:sexualrocker:20190907064300j:plain世界観が違いすぎるだろ!王子が大渋滞だよ!

 

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064446j:plain外食系とコラボするんだったら回転寿司コラボも見たかったね。「地球上のすべての魚料理がオレの味方」!

 

 

f:id:sexualrocker:20190907064300j:plainアクアマンはそんなこと言わない!

 

 

 

*1:古代文字です。気にしないでください

*2:ジェイソン・モモアリサ・ボネットは本当に仲良し。何なら義理の娘のゾーイ・クラヴィッツとも元夫のレニー・クラヴィッツとも仲良し。 https://front-row.jp/_ct/17248890

*3:LDHの王子が大渋滞的なやつです。